読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

チキンな話 本題

こんばんは。

今日の営業中、こんなお電話頂きました。

『ワッフルいつからですか?』

私『11月の初旬、多分4日からの予定です。』

嬉しゅーございました。

どちらかというと、ワッフルしている時に『えー!今日ジェラートないの?』と言われることの方が多いんですが、春にジェラートやり始めた時に『ワッフルないの?』とちょくちょく言われたりもしました。

今期のワッフル、もう一段進化しますので、ジェラート共々よろしくお願いいたします!

さてさて、朝からネタフリしたチキンな話を聞いてやっておくんなまし。

もう時効かと思いますが、あれは確か5月か6月ぐらいの話です。

その頃、鷲羽山で夕陽を眺めて、藤棚の藤の花が咲いていた記憶と、鷲羽山から見える釜島をこのブログに載せて、釜つながりで、私実はオカマさんと話をしたことがない、ゼヒ一度お話ししてみたい、ゼヒジェラート食べにオカマさんいらっしゃーい、みたいなことを書いた記憶があります。

実はその直後、このブログを見てご来店されたのか、偶然ご来店されたのか、全く分かりませんが、

身長180センチ(私と同じくらい)、ハイジみたいなワンピースを着て金髪(かつらかな?)ショートヘア、アゴヒゲ剃った後の青い感じの女装した男性がご来店され、野太い声でジェラートをオーダーされました。


私は一瞬凍りついた、正確には全身トリハダが立って、

『・・・は、はい。』


と、実際のところ会話どころか、何も言えませんでした。

その方は店内で食べることなく、そのままテイクアウトされたので、ほんの1分程の出来事でしたが、私は狐につままれたような現実を受け入れられない状態でした。




ただのチキンやないかぁ!




今ならですね、

『お客さん、冗談キツイっすね!それともこれからハロウィンパーティーですか?』

と言えるんじゃないかと。

自分が『いらっしゃーい!』とか言っといて、マジビビったというチキンな話でございました。


ところで、明日は阿智神社の秋祭り、美観地区では屏風祭り、当店入口では手彫りハンコ実演販売祭り、児島ではせんい祭り(関係ないけどねー)、備前では備前焼祭り(もっと関係ないけどねー)

とくれば、

当店今年最後の『いちじく祭り』やっちゃうYO!

つまり、いちじくミルクといちじくシャーベットの両方が揃う、いちじく好きのいちじく好きによるいちじく好きのための祭りだYO!

ゼヒどうぞ。

それでは!
広告を非表示にする