GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

冠婚葬祭あるある

こんばんは。

今日は冠婚葬祭あるあるです。

箇条書きでいっきまーす!






久しぶりに着る喪服がキツイ。


そして喪服のポケットにちゃんと珠数が入っている。


普段履かない靴を履いて、かかとの皮がむけて痛い。


60年以上前の戦後の昔話を聞きながら飲むお通夜ビールはなかなか美味い。


仕出しは特別美味くないが不味くもない。が、値段は高い。


仕出しがホカ弁だったらウケると思うが、過去ホカ弁だったためしがない。


遺影はデジタルサイネージで、ビックリするほど先進的。


対して坊さんの読むお経は、ビックリするほど変化がない。


葬儀場はあらゆる物にキャスターが付いている。光ゲンジを思い出す。


葬儀場のコーディネーターが、小中の同級生の嫁さん。


そのコーディネーターが所長でやり手と聞いて、同級生は尻に敷かれていることを確信する。


御供物の果物を見て、『あー、あの立派なメロンでジェラート作ったら、美味いジェラート出来るだろうな』と考えながらお経を聞いた参列者が1人はいる。



そしてそして、いつの世も変わらぬ普遍的な真理。













『坊主丸儲け』



それでは!






広告を非表示にする