GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

逆ギレ業者の末路

こんばんは。

今日は雨がよく降りました。庭にいるカエルもテンションマックスです。

さてさて、本日は逆ギレおからクッキー業者と最後の清算取引がありました。

光栄な事にこのブログを読んでくれていたようです。

が、しかーし、私の性格や考え方への理解もなく、全くもって相容れない人種ということが判明しました。

というのは、私が神聖と考える商品と現金の受け渡しに1円足りないという失態を重ね、

『店の女の子が用意したから』

と自分が事前確認してない、あるいは店の子を教育してないことを棚上げし、

部外者である私にのうのうと言い訳していました。

代表取締役がです。


そう言えば、内装工事の設計事務所の代表取締役も似た感じの人でした。

普段偉そうに工事の職人さんや従業員を使っていたんでしょう。

私にもナメた態度を取ったので、ささいなミスに噛み付いたところ、逆ギレしてきました。

待ってましたっ!とばかりに理詰めで畳み掛けたところ、卑屈な笑みを浮かべて大勢の職人さんの前で私に謝ることに。


逆ギレする人の共通点

人のせいにする、ボキャブラリー貧弱、えてして肩書は代表取締役、年下をナメたところがある等。

一番のポイントは理詰めに弱い。そりゃそうですよね、ミスを突いてる訳だから。

弁護士と折衝した過去の経験でいくと、弁護士は屁理屈であったとしても、もっともらしく反論してきます。まぁ人にもよるでしょうが。


それにしても、おからクッキー業者の最後店を出る時の顔は、本当情け無い顔でした。

きっと梅雨の雨がそうさせたんでしょう。

そもそも逆ギレなんてみっともないことをしなければ、そこまでの顔することもなかったハズなのに。

残念な代表取締役でした。

それでは!








広告を非表示にする