GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

恐怖のストーリー第一話

皆さんこんばんは。

さて早速ですが、新シリーズ『恐怖のストーリー』がスタートします。

まだまだ暑い毎日、ガワイナジュンジのようにボソボソと語りますので、背筋からゾッと寒くなって下さい。

それでは記念すべき第一話です。









むかーし、むかし。お寺の広大なお墓の片隅の掘っ建て小屋に、墓守のおじいさんが一人住んでいました。

おじいさんは貧しくも慎ましく暮らしておりました。


ある日のこと、おじいさんは毎日の日課である、お墓の草刈りに行きました。

おじいさんが、広大な墓地の草刈りに精を出していると、ふと

『うまそうなお供え物じゃ。』

朝から何も食べていなかったおじいさんは、お墓にお供えされた饅頭に目が釘付けになってしまいました。

『ほんに、うまそうな饅頭じゃ。』

草を刈りながら、饅頭との間合いを少しづつ詰めていき、周りを見回してみると、当然ながら誰もいません。

『どうせカラスのエサになるぐらいなら、えーい、南無三。』

とおじいさんは饅頭を一気に食べてしまいました。

『う、うまひ。』


夕方家に帰ったおじいさんが、戸口の取手に手をかけて障子戸を開けようとした時、障子に赤いシミがついていることに気が付き、

『こ、これは血じゃ。もしや、お供えの饅頭を食べた、タ、タタリか?』

と腰を抜かして、思わず尻もちをついてしまいました。








『血塗られたおらが家じゃ。』























『血塗られたおれんちじゃ。』



























『ブラッドオレンジじゃ!』








と言うことで、明日から3日連続で、

新作『ブラッドオレンジ(シャーベット)』

を作ります。























あっ、障子についた赤いシミは、饅頭取られたカラスが怒って、熟したカキを戸口にぶつけた時についたシミだったとさ。

おしっまい!

あーこわかった。

タマタマ縮み上がった方は、漢方薬膳風呂で元に戻してくださーい。

第二話は多分無いと思いまーす。

それでは!
広告を非表示にする