GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

超男前ストーリー第九話

皆さんこんばんは。

さて、第九話の連載となりました、『超男前レモンソルベ』。

明日はパンチの効いたジェラテリア一休のレモンが登場しますよ。

ここで当店レモンの男前度合いについて、くどいようですが、またまたストーリーで分かりやすくご説明を。





変化が激しい世の中で、未だに韓流ドラマに首ったけの妙齢のあなた。

パク大統領が日本に対し、礼節を欠いた振る舞いをするにつれ、世間はとっくに韓流ブームは過去のものになる中、一途なあなたは、

『韓流ドラマは色々観たけど、やっぱりヨン様は別格よね。』

韓流ブーム初期の頃は中学生だったけど、とっくに成人した子供たちから

『またはじまった。』

と、白い目で見られても、あなたは全く動じない強い意志をお持ちです。

前はお友達と『冬のソナタを巡る旅』に毎年出掛け、

『あぁ、ここでヨン様が事故にあったのよ。』

『ここよ、ここよ、ヨン様がぁぁぁ•••』

と大勢の友達で毎年涙したのに、時が経つに連れ、一人減り、二人減り、今では風前の灯と成りつつある状態。

『周りに反対されるほど燃えるのよ。私はヨン様と同じく一途なの!』

とあなただけは全く意に介しません。

しかし先日息子から

『でもヨン様も年貢の納め時、結婚近いらしいよー。』

内心『なんだとぉ』という思いをグッと飲み込み、笑顔を取り繕った、心優しいあなた。

そんなあなたに超男前レモンソルベを食べていただきたい。




































『誰?耳元で囁くのは?もしかしてヨン様?ここよ、ここよ、ヨン様!』



































『はっ、夢か。しかも耳元で囁くのは、蚊じゃねぇか。チェッ。ジウ。』

























夢見る乙女から目が覚める、くらいの爽快感が吹き抜けることでしょう。

た、たぶん。

是非お試しくださいね!

そして、そして明日は豆祭り第三弾です。

それではよい週末を!
広告を非表示にする