GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

吉野桜の補足

皆さんこんばんは。

今日も良いお天気に恵まれた一日でした。

近所の保育園か幼稚園で入園式がありまして、可愛い制服を着た子供さんとスーツ姿でカメラを持ったお父さんお母さんがいらっしゃいました。

ご入園おめでとうございます。


さて、昨日書いたブログのオチは、古典的なオヤジギャグでしたので、本日は古典つながりで、奈良吉野の桜の補足をいたします。


吉野と言えば、96代後醍醐天皇南朝を樹立した地です。

そういえば日本史で習ったなぁ。

私、中学高校では日本史興味なかったですが、年とともに歴史に興味が出てきました。特に旅行に行くようになってからです。

お城はもちろん、神社やお寺、廟とか好きです。

後醍醐天皇の生涯は波乱に満ちていて、隠岐の島に島流しされたり、京都を追われ吉野の地で南朝を樹立し、志半ばで病に倒れた方です。


祇園精舎の鐘の声、諸行無常響きあり。沙羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風 の前の塵に同じ。


平家物語冒頭コピペしました。そういや国語の授業で暗記させられたなぁ。

こんなことを考えながら、後醍醐天皇に想いを馳せて、吉野の桜を味わう、『いとあはれなり』です。


春の夜の夢のごとし

美しい表現ですね。

皆さんも機会があれば是非。葛餅、葛きりも美味しいですよ。

白装束のホラ貝持った修験者にも会えます。ちょっと独特の雰囲気があるところです。

それでは!



広告を非表示にする