GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

桜の思い出②

皆さんこんばんは。

日曜日なのにあいにくの雨でした。

でも、デも、デモ。

本日は団体さんの大口オーダーで、売切れ閉店となりました。閉店後にご来店いただいた方がもしいらっしゃれば、この場を借りてお詫びいたします。


さて、通勤途中の並木も若葉が芽吹いて、雨が降るに連れ柔らかな緑が増していくように感じます。山を見ると新緑が大変気持ちよーございます。

木々にとっては貴重な水分なんでしょうね。

もうちょっとあたたかくなったら、『風薫る5月』、私が一番好きな季節です。


今宵は桜の思い出の続編に少々お付き合いください。

むかし、私が社会人になり最初の赴任地である奈良での話です。

ハバナクラブ』でも登場しました、当時よくしていただいたお客さんが

『桜は吉野が一番』

と常々言われていたので、事前に満開情報を調べて、凄い渋滞するとの忠告に従い超満員の近鉄電車を乗り継いで、やって来ました『吉野山』。

下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれる桜咲くピンクの山は『圧巻』でした。

約3万本も山桜があるらしく、世界に類を見ないようです。

せっかくなんで、山の上まで行き稜線を歩いてましたら、急な春の突風が中千本上千本の桜の花を巻き込んで、谷から吹き上げてきました。

地下鉄風でスカートを抑えるマリリンモンロー、有名なシーンがありますね。

あんな感じの下から吹き上げてくる吉野の『桜吹雪』です。

遠山の金さんもビックリの桜吹雪、下から上への逆回転です。

もう一度言います。

松方弘樹もビックリ、ここぞと桜吹雪の刺青出したつもりが反対の肩だった、位の衝撃でした。

桜の散り際に突風で桜吹雪になることは何度かありましたが、これは初めての体験でした。


吉野の桜、圧巻です。

皆さん一生に一度は見る価値があると思いますよ。機会があれば是非ご覧になって下さい。

ワザワザ行く価値アリです❗️

それでは!


広告を非表示にする