GELATERIA 一休 徒然草

日々の見たこと、感じたことをそのままテキトーに書いています。ビール、海、夕陽、自由が何より好き。もちろんジェラートも!

ベリーソース

皆さんこんばんは。

モーグル女子の上村選手、メダルまであと少し惜しかったですね。決勝後のインタビューを観て、最後のオリンピックに自分にできること全て出し切った満足感が漂っていたように、私は感じました。

たった数十秒の時間の競技に、全身全霊全てを賭けて戦い切った安堵の表情がとても印象的でした。

先日の小保方さんといい、上村選手といい、女性の頑張りに勇気づけられています。



さて、『むしろパフェになりたい』様のブログを拝見し、また当店をご紹介下さいました。




いつもご利用いただきありがとうございます。

実は先日、初めて当店にご来店された方が、こんなお話をされました。

『パフェが食べたいなぁと思って、パフェ 岡山 で検索したら、むしろパフェになりたいさんのブログがトップにあり、そのブログからこちら(当店)を知りました。あの方のブログのように、これからパフェを食べに行ってきます。』

私が感じたのと同じく、実食数の多さと遠方へ赴く情熱等、やっぱり凄いということで意見が一致しました。

嗜好品は最終的に「自分の好み」であるので「人それぞれ」とも言えますが、上記のお客さんのように、ある日突然、パフェ食べたいなー、と思った方がネットで検索した時に、色々なお店で食べている方の的確なコメントは、やはり重みがあるように感じます。

ジェラテリア一休も様々な方が、たまたま当店を知ってご利用される、それもご縁であり、世の中以外と狭いのかもしれません。

むしろパフェになりたい様

貴重なご意見ありがとうございます。元旦のいちごミルクのいちごが凍って酸味が強く感じる点、私もその通りと思います。

ジェラートの見栄えとして、フルーツを全て練り込むよりも、一部をまぶす方が美味しそうに見えるからなんですが、ショーケースの中に入れておくと、いちごもブルーベリーもバナナも凍ってしまい、それを食べた時に酸味を感じてしまうという欠点があるのも事実です。

私なりの試行錯誤として、パフェのように生フルーツとジェラートということも考えましたが、『唯一無二のジェラートを』という想いをカタチにするなら、一休らしいジェラートソースを作ってみたらどうかと、アイデアベースで取り組んでみました。
f:id:gelateria19:20140210000819j:plain
これは、3つのベリー(ブルーベリー、いちご、ラズベリー)赤ワイン煮込みソースです。

本日夕方に作ったので、まだジェラートにかけて試食していませんが、こういったソースを当店大黒柱のミルクに合わせることで、フルーツが凍って酸味が強いというデメリットもなくなりますし、お客さんの選択肢が増えるというメリットもあります。

明日出来たてのなめらかなミルクにかけてみるのが楽しみです。

何でも思い付いたら試作、試食。この小回りが効くのも当店の強みにしたいですね。

それでは!

広告を非表示にする